• mixiチェック

『手荒れとシャンプー』の話

■2015/08/12 『手荒れとシャンプー』の話
『手荒れとシャンプー』の話
.

ちょっとお肌のお話から、ひとつ。

お肌(皮膚)は3層からできていて、その一番外側は

『表皮』と呼ばれ、4層構造になっています。

その最も外側にあるのが、硬いタンパク質

で出来た角質細胞10〜15層からなる『角質層』
であり、

その厚さ合計0.02ミリでありながら、外界からの

刺激を防ぐバリア機能の主役であります。

このバリアが壊れてしまうと、肌はその水分を

維持できなくなり、結果【肌荒れ】という状態になってしまいます。

かなり乱暴な説明ですが、以上をふまえて

ではそのバリアはどうして壊れてしまうかというと、

原因のひとつに『洗剤』があります。洗剤全般、

ほとんどの洗剤は皮膚のバリアを壊します。

洗濯や掃除・食器洗剤だけでなく、洗顔、

クレンジング、シャンプーも例外ではありません。

『えっ?お肌に使うものも?』

そうなんです。どんなにマイルドを謳っている

ものであっても残念ながら、大概がそうです。

"洗い流す"事が前提に作られているので、

使い続けると肌のバリアを壊す事が分かっていても

即座に影響が無ければ、洗い流すので良しとされている

業界に蔓延る、悪しき暗黙の了解です。


どの成分がどうとか、という内容は今回は割愛

させていただきまして、画像の説明をいたします。

モデルは僕らの同業者である某美容師さんです。

画像右側は去年の11月の頃、一般的なサロン用の

シャンプーで営業されていた時の状態。

爪や皮膚にカラーの色素が染みつき、見るからに

水分バランスも崩れている、肌ダメージレベルの高い

状態です。かなりお辛そうな印象を受けます。

画像左は営業で使用するシャンプーを変えて

今年の3月の状態です。なかなか綺麗な状態です。

…えっ?怪しいですか?

画像が逆じゃないかとか、日付改ざんや画像処理してるとか、

疑いたくなりますよね。。。でもそれ、正しいです。

逆に全く疑問を持たない方のほうが、僕は本当に心配に

なってしまいます。


さて、ここで使われたシャンプーは、画像にもありますが、

『Badens (バーデンス) 』です。

今、この"世界一安全なシャンプー"に注目が集まっていて、

静かに広まってます。

こうして情報を発信しておきながら、情報を、疑えなんて

言ったりする僕ですが、これだけはお伝えしたいです。


コレ、知らないとモッタイナイです。

お使いいただければ、必ず分かります。


追記ですが、

僕は去年の8月のサロン導入と同時期からずっと、

このバーデンスで髪はもちろん、顔も身体も

全て洗ってます。この一年間ずーっとです。

結果、乾燥しやすい肌質だったんですが、

洗顔やお風呂上がりの保湿ケアの手間が

かなり縮小できていると実感してます。

コンディションも良いです。

これがバーデンス最大の特徴である、

『お肌のバリアを壊さない(肌細胞を殺さない)』

という事なんだと、全身で体感しました。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
エムドゥ.
http://deux.in/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県船橋市本中山2-23-5-1F 
TEL:047-333-1868
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/MRB3go
Twitter:http://goo.gl/P321YZ
mixi:http://goo.gl/vk83fs
アメブロ:http://goo.gl/lHLIN7
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆