• mixiチェック

必見!【キレイなお肌】の正体。

■2015/11/21 必見!【キレイなお肌】の正体。
必見!【キレイなお肌】の正体。
今回はみなさまに大変重要かつ、

ショッキングなお話をいたします。

焦らさず、単刀直入に言います。

実は・・・



化粧品でお肌が美しくなる事はありません(驚!

どんな高級な化粧品であっても、です。

言い方を変えれば、

化粧品がお肌を美しくするワケではない!というコト。。

誤解を恐れず、あえて言ってみました。

ではではこの問題発言を踏まえて、

タイトルの『キレイな肌の正体』に

迫ってみようかと思います。

上手く説明できるかな←弱気


では早速ですが、皆様にお聞きします。

お顔と二の腕の内側、どちらのお肌がキレイですか?

『そんなの、二の腕の内側に決まってるでしょ!』

そうです、ほとんどの方がそうだと思います。

ではその部分はお顔よりスキンケアを

しっかり施しているのでしょうか?

これもほとんどの方がお顔のスキンケアはしても、

それ以上のスキンケアを二の腕にしてはいないのでは

ないでしょうか。

身体も同様で、普段洋服等で隠れている部分って、

ケアを怠っていてもある程度キレイなんですよね。

これはお顔や手のように露出している部分とは違い

紫外線や外からの刺激を受けていないからだと

容易に想像できるかと思います。

肌の構造が場所によって極端に違うからという理由

ではないのです。

肌には外から受ける刺激から自らを守る機能があります。

紫外線にさらされればメラニンが生成され、

黒くなることで紫外線の刺激を防御します。

また、例えば癖でよく机に肘をついている人の肘が

黒ずんで固くなっていたりするのも、

肘が受ける刺激から自らを守るというお肌が持つ

防御機能です。刺激によって皮膚は厚く硬くなるのです。

こう説明すると、概ねご理解いただけるんですが、

根底にある思い込みのような部分が

なかなか払拭できないんですよね。

そう、それは『強く・美しい肌』という幻想です。

キレイなお肌の現実はいうと、

『弱い肌』なのです←コレ、大事。

黒くなったり、厚くなったり、硬くなったりする必要の

ない、守られた環境の中にあり、

箱入りに・もやしっ子に・過保護に甘やかした肌が

つまり、『キレイな肌』なのです。

キレイなお肌を求めるのであれば、

徹底的に様々な刺激から肌を『守る・護る』コトが

大事なのです。

いかがでしょう、ご理解いただけましたでしょうか?

お肌は化粧品の美容成分で美しくなるワケではありません。

守られてはじめてキレイでいられるんです。

広告やテレビCMでなんと言おうと、これが現実です。

なので化粧品によってお肌を乾燥から守ったりするのは

大変有効ですが、美容成分で肌が見違えるように美しく

なるというイメージは、、、幻想。

キレイなお肌を求めるのであれば、最優先事項は

とにかく『守る・護る』事なのです。

この事実を、大切な皆様にお届けしたいです。

少しでもご理解いただけましたら幸いです。


次回以降は『護る』についてお話ししていきたいと思います。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
エムドゥ.
http://deux.in/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県船橋市本中山2-23-5-1F 
TEL:047-333-1868
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/MRB3go
Twitter:http://goo.gl/P321YZ
mixi:http://goo.gl/vk83fs
アメブロ:http://goo.gl/lHLIN7
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆