new me

世界一"安全"な
シャンプーについて。

そもそも、シャンプーの安全性って
気にするべき?なのか?

答え
➤『気にするべき』です。

肌トラブルと薄毛の真犯人とは?

シャンプーによって起こる、負の連鎖。

 アレルギーという言葉が日常化し、1.900万人が薄毛に悩む国、にっぽん。アトピー性皮膚炎の原因の仮説のひとつに『表皮常在菌のバランスの乱れ』というのがあり、また70年代後半の家庭用シャワーと液体シャンプーの普及以降、増え続ける肌トラブルと薄毛人口を考えると、肌に触れる洗剤が肌環境を壊し、アレルギーと薄毛に関連していることは明らかです。
 
一般的なシャンプーは、
 食器洗剤とほぼ一緒。 ホントです。
 

 通常【洗い流す事】が前提のシャンプーは、刺激も流し残りなどの悪影響も考慮されていません。また、マーケティングによって日本人に根付いた清潔信仰とでもいうべき潔癖気質がとにかく頭皮を清潔に保たなければという感覚を巨大化させてしまいました。
本来、頭皮はお湯でよくすすぐだけで汚れの大半は落とせます。刺激の強いシャンプーを使い肌環境を悪くするくらいならお湯だけ洗う『湯シャン』で良いという意見もあり、それも間違いではありません。しかし高性能なスタイリング剤などはやはり、お湯だけでは落ちきらずに残留しますし、現在の空気汚染も無視はできないとエムドゥ.は考えます。
 

結論
➤安全なシャンプーで、
 髪と肌の未来が
 変わる。

安全に洗う、という真の価値。

 髪も顔も体も赤ちゃんもペットも洗える!

皮膚を安全に洗う、とはこういうコト。
 

世界一"安全"なシャンプー【Badens-バーデンス-】

エムドゥ.が探し求め辿り着き『もう、新たに出会う必要がなくなった。』と初めて思えたシャンプー。
あなたにとっても"最後の出会い"になるかも・・・です。
 

【 Badens 】
  -バーデンス-
アレルギー・ゼロを目指して誕生した、世界一安全なシャンプー。シャンプーの最大の問題点である、洗浄効果を持った界面活性剤の刺激を取り除く為に、安全な界面活性剤を独自開発 ➡ラウレス-3酢酸アミノ酸(特許第5057337)モアコスメティックス株式会社 亀田宗一代表の「洗う」ものへの深いコダワリから誕生。著書もあります。